救いの無い闇金額マンガが気質

『闇給与ウシジマくん』罹るものが昨今うわさらしき。何のポイントやら思い付か人も多いだろうから説明するが、元々は漫画がシナリオで、それが実写のドラマやフォトにまでなっているについてです。肝心の話は称号の通りウシジマという闇給与オフィスのCEOが強引な集金を行うというもの。借金人は、こういうウシジマに不幸のどん底に落っこちるのがお誓約になっているのである。

2004歳にコミックの連載がスタートしたそうなので、ざっと10歳連なる事になる。単に連なるだけなら「あっそんなに」レベルの発言だが、それなりに人気があるというのだから業界も後半という感じである。人の不幸を楽しむような内容のコミックがうわさですなんて信じたくも乏しいのが正直なあたりです。

但し、筆者が急死さえしなければ、いつかは最終回を迎える筈。今まで数多くの借金人に地獄の危惧を与えたウシジマが最終的にどうなるか見ものです。まさか最後まで人間はセキュリティーなのだろうか、それとも今までの恨みを果たそうとした人達を通じて世間から放逐陥るのか?その実績は筆者の考え次第であるが、僅かでも人情という物が在るのなら救いのある話、つまりウシジマが不幸になる膨張に決めるであろう。横浜銀行カードローン増額申請する方法とすごく便利な借り方がわかった

救いの無い闇金額マンガが気質 はコメントを受け付けていません。

Posted in 未分類