キャッシングを利用したい、であもどこがいいのか分からないというのは始めて利用するなら当たり前のことです。
キャッシングの会社は大きくわけて3分類されます。銀行系、信販系そして消費者金融系です。左から順に金利
が低い傾向がありますが、審査も厳しいと理解すればいいのです。
しかし、キャッシングを利用する場合、急いでいる時が多いので、審査に時間がかかるのも困ります。金利は少し
でも低いほうがいいに決まってます。借りたお金は利息を付けて返済しなければなりませんので、できるだけ低金利
で利用したいと思うのは当然のことです。
キャッシングの場合、銀行系でもほとんどの会社が即日審査を広告してます。お客様が急いでいるのは承知なの
です。ですので、銀行系だからと審査に不安があるかもしれませんが、まずは銀行系から申し込みをしましょう。
私も昨年銀行系を利用しましたが、審査に要した時間はおおよそ3時間程度ですので、安心して利用できるはずです。

 キャッシングといえば、急な出費でお金が必要な時に利用するものと考える人が多いはずですが、他社の借入を整理する「おまとめキャッシング」という利用方法もあります。

これは複数ある借入を一つにまとめることで、返済管理が楽になるだけでなく、返済月額が下がることもあります。

 もちろん審査が通過すればということになりますが、この場合総量規制の対象にはならないのです。これは知らない人も結構いるかも知れませんが、総量規制対象外となります。

返済が苦しい、管理が大変だというときは、おまとめキャッシングで整理することをお勧めします。この商品は基本的にメリットはあってもデメリットはほとんどないのが特徴です。貸付金利も通常は下がります。もちろんそうでない場合もありますが、その場合はおまとめキャッシングを利用する意味はないはずです。

 返済管理が楽になっても貸付金利が上がるなら当然利用するべきではないですが、その人の状況や考え方もありますので、利用することはあまりお勧めできません。

 キャッシングは簡単に現金ができてとても便利な金融商品ですが、いくらでも利用できるわけではありません。借入額には限度があります。

 総量規制という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、年収の3分の1を超える新たな借入はできないことになっています。既に借入があるならその分も差し引く必要があります。

 例えば年収が600万円なら、借入できるのは200万円ということになりますが、他の消費者金融で50万円利用していれば、差額150万円が利用できることになります。

 とはいっても、借入できるかどうかは金融機関が決めることです。つまり審査がありますので、審査を通過させるためにも、他社借入額をしっかり確認して借入申込書を記載することが大切です。限度額を超えた借入申込はその時点でアウトになる可能性があります。

もちろん他社借入状況なども記載が必要となりますので、正直に申告するのは当然のことです。虚偽の申告をすると、それだけで利用することはできなくなります。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com